スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捜査情報の漏えい否定=政府答弁書(時事通信)

 政府は26日の閣議で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関し、「捜査情報の漏えいがあったとは考えていない」とする答弁書を決定した。検察による報道機関へのリークの疑いをただした鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に対する答弁。
 鈴木氏は、東京地検特捜部に逮捕された石川知裕民主党衆院議員の詳細な供述内容が報道されていることなどを指摘。これに対し、答弁書は「検察当局は捜査上の秘密保持に格別の配慮を払ってきた。報道各社が関係各方面に広く深く独自の取材活動を行っていると思われる」との見解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

「QCサークル活動」発表会を開催-東京都(医療介護CBニュース)
「掲示板は生活の重要な一部」事件直前まで書き込み続け(産経新聞)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)
小沢氏続投を容認=前原国交相(時事通信)
スポンサーサイト

外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
石川議員「偽装工作」認める=小沢氏関与の4億円融資-東京地検(時事通信)
小沢氏23日聴取「潔白証明へ強い意志を」…首相(読売新聞)
首相動静(1月23日)(時事通信)
<京都・遺棄事件>女性の身元特定 中国人を逮捕へ(毎日新聞)

<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)

 宮崎市長 元旧佐土原町長の戸敷正氏(57)が初当選。前市議の斉藤了介氏(43)▽元県議の由利英治氏(60)を破る。投票率は48.15%。

 確定投票数次の通り。

当81951 戸敷  正

=無新<1>

 48739 斉藤 了介

=無新[民][公]

 10892 由利 英治

=無新

小沢氏が差別発言か オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで…」(産経新聞)
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
窃盗 高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)

小沢氏側、聴取応諾を回答=東京地検と調整、週内にも-妻にも要請・規正法違反事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏側が東京地検特捜部に対し、任意の事情聴取に応じる意向を伝えたことが19日、関係者の話で分かった。弁護士を通じて同日回答し、日程調整に入った。早ければ今週後半にも、聴取が行われる公算が大きくなった。
 事情聴取で特捜部は、陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資や、政治資金収支報告書への虚偽記載の認識などについて、小沢氏に説明を求めるとみられる。
 一方、特捜部は同日までに、小沢氏の妻に事情聴取を要請したもようだ。
 関係者によると、特捜部は小沢氏側に対し、少なくとも4時間の事情聴取時間を確保するよう要請した。同氏側は聴取を受けるのは1回に限り、再聴取要請には応じない方針という。妻の聴取については、同氏の聴取後に応じるかどうかを検討するが、現状では消極姿勢とみられる。
 小沢氏は18日に弁護士らと協議した結果、聴取に応じる方針を固めていた。
 小沢氏側は、聴取への対応策の検討に、少なくとも数日間の準備期間が必要としている。このため、今週後半以降に行われる方向で日程調整が進められているもようだ。
 小沢氏は16日の党大会で、4億円の原資について、「口座に積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていたことが判明している。
 特捜部は、小沢氏がなぜ3億円を6年間も現金で保管していたのか、差額の1億円はどう調達したのかなどについて、詳しい事情を聴くとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「うそを言ったことで間違いないね」念押す検察官 足利再審(産経新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。